三光グループの強み

「試作金型を用いた生産トライ」で蓄積したノウハウに、最先端の流動解析システムを融合させることで、最適なランナーゲート方案を実現致します。高性能なCAD/CAM設備も保有しており、2D/3Dデータの双方を用いて金型設計を行います。金型加工設備も新鋭機を導入しており、超硬合金などの難削素材加工にも取り組んでおります。2010年から取り組んでいる骨伝導関連商品では通信用振動子の評価が高く、今後は新型振動子の開発、及びその振動子を活用した商品開発にも積極的に取り組み、利用分野の拡大を目指す計画です。

自動車部品に要求される厳しい品質管理に応える

創業直後から、自動車用各種スイッチ等の外観部品や安全に関わるシートベルト部品等の自動車用プラスチック部品の生産を生業としており、大手企業への納入実績も豊富です。バブル崩壊後には、試作製品生産から量産品生産へ業態をシフトさせ、海外にも2拠点を構えました。自動車部品に要求される厳しい品質やコストダウン応える品質管理や量産生産管理体制を構築しております。また、サポインの法認定を始め、補助金事業や産学連携研究にも積極的に取り組み、新たな事業分野への進出を目指しております。